日本最南端の沖縄で最も老舗の呉服店

TOP > お取扱商品一覧 > フォーマル

お取り扱い商品

フォーマル

留袖(とめそで)留袖には、黒留袖と色留袖の二種類があります。
黒留袖(くろとめそで)
黒留袖

黒留袖は、既婚女性の第一礼装。黒地の絵羽裾模様のきもので、染め抜き日向五つ紋を付け、白羽二重の比翼仕立てになっています。紋を実家か婚家にするかは地方によって異なります。
結婚式に列席する母親、仲人夫人、近い親戚が着用します。

【コーディネート】
金糸や銀糸を用いた格調高い袋帯を合わせ、帯締めや帯揚げも金糸や銀糸を用いた白いものを合わせます。

【取扱商品】
当店では京友禅や加賀友禅を中心に、華麗なものから重厚なものまで多彩に取り揃えております。
有名作家では、加賀友禅の毎田健治さんや金彩友禅の和田光正さんの作品などがあります。
冬用、夏用(絽)あり。

色留袖(いろとめそで)
色留袖01 色留袖02

色留袖は、女性の未婚既婚問わず着られ、黒以外の地色で、絵羽裾模様のきものです。紋の数によって第一礼装から準礼装まで幅広く着用でき、染め抜き日向五つ紋を付け、比翼仕立てにすると黒留袖と同格になり、一つ紋以下だと訪問着感覚で着られます。
結婚式、叙勲、園遊会、格式ある式典やパーティーで着用します。叙勲で宮中へ伺うときは、五つ紋の色留袖が正装となります。

【コーディネート】
黒留と同様に金銀糸を用いた格調高い袋帯を合わせ、帯締めや帯揚げも金銀糸を用いた白が正式。パーティーなどでは帯揚げを薄い色物でも、また宝石類をあしらった帯留めを合わせるのも素敵です。

【取扱商品】
黒留袖と同様に、京友禅や加賀友禅を主に、華麗なものから重厚なものまで多彩に取り揃えております。 冬用、夏用(絽)あり。

訪問着(ほうもんぎ)
訪問着01 訪問着02 訪問着03

訪問着は、主に胸、肩、袖、裾に模様が繋がる絵羽模様のきもので、既婚、未婚の区別なく着ることのできる準礼装のきものです。きものの中でも最も着用範囲が広いので、一枚持っておくと大変便利です。
結婚式(近い親戚の場合は黒留)、お見合い、結納、茶会、パーティー、入学式、卒業式など幅広い場面で着用します。

【コーディネート】
格調高い袋帯を合わせます。帯揚げは絞りやぼかしで優しい品のある色合いで、帯締めは正式な場では平組みがふさわしいです。パーティーなどでは宝石をあしらった帯留めを使うのも素敵です。伊達衿を入れると一層華やかになります。

【取扱商品】
京友禅、加賀友禅、東京友禅などを取り揃えており、雑誌「美しいきもの」などでも有名な「染の北川」「染の百趣 矢野」のきものや、友禅作家 羽田登喜男さんの作品などもあります。
琉球紅型では、城間栄順さんの作品などもあります。
冬用、夏用(絽)あり。

付け下げ(つけさげ)
付け下げ01

付け下げは、訪問着に比べ控えめな模様が特徴で、訪問着より気軽に着ることができます。
基本的に模様が縫い目で繋がらず、着た時に上向きに配置されるように描かれ、主に反物で販売しています。最近では上前の衽(おくみ)と前見頃で模様が繋がった、付け下げ訪問着と呼ばれるものもあります。
着用シーンは訪問着と同様です。

【コーディネート】
訪問着と同様です

【取扱商品】
京友禅の「染の北川」や、京友禅作家 松井青々さんの作品、加賀友禅なども取り扱っています。
冬用、夏用(絽)あります。

色無地(いろむじ)
色無地01 色無地02

色無地は、黒以外で染めた一色染めのきものです。地色や地紋によって慶事、弔事に使い分けます。
紋の数によって格が変わり、一つ紋の色無地は、着用範囲が広くとても便利なきもので、茶席には定番の着物です。明るい色で吉祥文様の地紋が入った慶事用はお子様の入卒式、七五三、茶席、各種お祝いの席などに。落ち着いた色の弔辞用の色無地は通夜や法事などで着用します。流水、波、有職文様などの地紋は慶弔両用に使えます。


三つ紋は紋のない訪問着より格が上になり、五つ紋はさらに改まった式服になります。

【コーディネート】
色無地の紋の数に合わせた格調ある袋帯を。茶席には金銀を使っていない袋帯を。

【取扱商品】
上質な生糸を使い、草木染めなど染めの美しい縮緬の色無地を揃えています。
冬用、夏用(絽)あります。


十文字屋呉服店オリジナル色無地「ふわり Fuwari」
ふわり01 ふわり01
暑い沖縄でも、茶道の着物の季節は全国共通。沖縄の4~5月、10~11月に袷の着物を着るには暑すぎます。そこで、茶道をたしなんでいる皆さまのために、涼しく、軽く、快適に着られる上品質な十文字屋オリジナル色無地をつくりました。茶道のきものに最適。もちろんお子さまの入卒式や七五三、各種のお祝いの席に。素材の軽さで着心地を追求しお好みの色で楽しめます。

おすすめポイント
軽く、心地良い着心地
 既存の生地の8割程度に軽量化し着心地を追求
 しました。
色を自由に選べます
 色見本をお持ち頂いたり、当店にある色見本にて
 お好みの色に職人が染め上げます。
安心の日本製の正絹
 生地の品質を落とさず、糸や織りにこだわりました。
 仕立ても日本にて手縫いいたします。

きものコンシェルジュ きものクリニック